引き寄せの法則

引き寄せの法則の実践者って、端から見るとイタすぎるから黙っとこうよ。

引き寄せをやめた後の平和な美しい風景

引き寄せの法則が大好きで、関連書籍を読み漁って、四六時中『お金持ちになった私』『大好きな彼に愛されている私』『お姫様な私(www』を必至で夢想・妄想していた過去の私がいます。

……思い返すと、顔から火が出るくらい、モーレツに恥ずかしいです。

 

引き寄せ信者の生活保護受給者を見て、やっぱり引き寄せなんて嘘だと思った

先日働いている介護施設にて、生活保護受給者のオバーチャンAが、おトモダチの生活保護受給者のオバーチャンBとおしゃべりしていました。

 

B『先日の波動のお話、素晴らしかったです』

A『そうでしょう、世界はすべて波動ですから』

B『望んだ事をイメージすることが大事ですよね』

A『そう、量子力学、波動よ』

A『つまり、アセンションよ』

B『アセンションですね』

 

……すんません、ちょっと、仕事中に側を通りかかった際に聞こえた会話なので、具体的に何を話していたのかは不明なんですが。

とりあえず『アセンション』とか出てきた時点で、なんか心の中に侮蔑の念しか湧いてこなかったので、そそくさと場を離れたんです。

 

いや、本当に引き寄せの法則で望むものを引き寄せられるなら、ですよ?

 

アンタのその、生活保護を受給して、おやつ食べまくって太りまくって、太りすぎて今履いているズボンしか入る服がなくて、服がないから毎晩職員にズボンを洗濯してもらって、

食堂で別の入居者さんに『怪我したら施設の職員のせいにすれば大丈夫』とか意味不明な入れ知恵したり、おかげで『生保のくせに』とか陰口たたかれて嫌われまくって、

もう家族も寄り付かず、水面下では問題アリの入居者として施設から追い出すべく上層部が動いていたり……

 

………ああ、書いててなんか腹が立った(笑

 

……そんな、自分の尻も自分で拭けないような惨めったらしい現実を、アンタは望んだんですか?ってね。

で、具体的に聞いた事もあるんですよ。

 

『Aさんは引き寄せの法則がお好きみたいですけど、それで具体的に何を引き寄せたんですか?』って。

 

そしたら

 

『なんにも引き寄せられなかった』

 

だってさ。

あわせて読みたい
引き寄せの法則、本質は『無抵抗・中庸』
生活保護受給者が引き寄せ信者だった…。依存心の強い怠け者にウンザリした話先日アルバイト先で生活保護受給者さんと話をする機会がありました。で、よくよく話してみると、その人は引き寄せの法則が大好きだそうです。 ...

 

いわゆる『引き寄せコレクター』なんでしょう。読むだけ。見るだけ。言うだけ。

だから私が「自分が気に入った引き寄せ本があるなら、その1冊を暗記するくらいに何度も何度も読み返すほうが、色んな本を1回読むより有益ですよ」って言った時に

 

『それじゃ、飽きるじゃない』

 

なんてセリフを吐けるんでしょう。

スポンサーリンク

 

引き寄せ信者だった頃の私も、同じように周囲から哀れまれていたんだろう

今なら分かります。

 

引き寄せの法則なんて、なくても人は幸せになれる。むしろ知らないほうが幸せになれる確率はよっぽど高い。

ヘタに引き寄せの法則なんて知ってしまうと、努力する事をわすれ、間違った感謝の仕方を覚え、気に入らない事象は自分以外の外部に原因を求め……

 

なんというか、ダメだろ。ダメでしかないだろ。みたいな。

 

引き寄せの法則に嵌っていた、過去の若かりし自分で言うなら、

 

『いやお前、彼氏が欲しいならキラキラハッピーな妄想で、架空のイケメン王子に壁ドンされてる場合じゃねーだろ。お前に必要なのは現実的な努力だろ。

 

まず美容院でそのボサボサ頭を綺麗に整えろ。小田急百貨店のメイクコーナーで綺麗な美容部員のおねえさんに色々塗ってもらえ。早寝早起きして生活を整えろ。

痩せろデブ。内面を磨け。知識と教養を身につけろ、あれやこれや』

 

ちょっと目の前に正座させて、1時間くらいはお説教できるくらいにツッコミどころが満載でしたもんね。

 

でも、引き寄せの法則で人生がバラ色になる!って信じている目くらのバカ信者は、もっと大事な、現実的に努力する事がなにより大切って事実にまったく気付かない。

まあ、目くら状態ですからね。見えないんですよね。

 

当時の私は仕事場の休憩時間中に、堂々とヨシカワナミさんのキラキラ本を読むくらい、イタイ奴でした……。

周りの人も、きっと触らぬ神に祟りなし、じゃないけど、まあ、色々ザンネンな人って感じの認識をされていたと思います……。

 

今なら恥ずかしくて、引き寄せの法則をやってる(やってた)なんて、自虐ネタとしてしか人に言えないですよ、本当に。

 

何も引き寄せられなかったけど、やめたら心に平穏が戻った

あくまで私の感想で、他の人はどうかは分かりません。が、私は引き寄せの法則を諦めたら、生きているのがずっと楽になりました。

もちろん今でもお金は欲しいし、仕事はしたくないし、不平不満はありますよ。

 

でも、そういうのをひっくるめて『そーいうもん』と許容できるようになったというか、なんというか。

良くも悪くも受け入れたというか、全面降伏して白旗を上げたというか…。負けを認めたら楽になったというか…。肩の力を抜く事を覚えたというか…。

 

見る人によっては、私なんて他力本願な元引き寄せ信者で、会社はクビになって、生涯未婚で、ブスで、介護の仕事しか就ける職がなくて……

 

見事な負け犬人生に見えるでしょうし、自分でも『もう少しなんとかならんもんか?』と笑っちゃうこともあります。

でも、それでも今目の前の現実を受け入れて、やるべき事をやっていくのが正解だとも思っています。

 

もしかしたら、それこそが引き寄せの法則の極意、肝、なのかもしれません。知らんけど。

 

 

※あ、でもね、介護しかもう正社員としての仕事がなかったのは本当なんですけどね。ぶっちゃけ自分にできるのか?なんても思ったけど。

やってみると、意外に面白いです。本当に。少なくとも私には事務員よりもずっと楽しい仕事でした。