パチンコ・スロット依存症

パチンコ・スロットはダメ人間しか生まないのに、どうして依存してしまうのか

パチスロ依存症の私は現実逃避でスロットを打っている

 

自分がパチスロ依存症になって、失ったものがたくさんあります。逆に得たものといえば、ハマッたパチンコ台やスロット台の演出知識だけ…。

 

失ったものは、パチスロをしていなかったら残ったはずの

  • 時間
  • お金
  • 人間関係
  • 旅行やグルメなどの体験…

 

人間としての健全な成長を、ことごとく無視して、大事なものをドブに捨て続け…

 

気が付くとムダに年齢をかさねた疲れた顔の自分が鏡の中にいました。

 

もうね、かなりのホラーですよね。でも、なにが一番こわいって、自分でも分かっているのに、それでもパチスロを打ちたいって思っている自分を自分が冷静に認識していることですよ。

 

パチンコ・スロット依存症は財布がカラになるまで打つのをやめない

他の依存症の人はどうか分かりませんが、私はとにかくお財布がカラになるか、満足できるだけの出玉を得るまで打つのをやめません。

やめませんというか、厳密に言うと、やめられない…。

 

とにかく当たりを引きたい。メダルをたくさん出して、満足して帰りたい。でも不思議な事に、パチンコやスロットって、勝つときはたいてい最初の2~3千円で当たることが多い。

少なくとも私はそう。なので、もう1万円くらい溶けたら即撤収しないといけない。私は特にデータも調べずになんとなく自分の打ちたい台を打つので、余計に撤収しないといけない。

 

なのに依存症で脳みそスカスカの私は、分かっていても、打つのをやめられない。午前中から打ち始めて、気付くと夜になっている。お財布はカラになっている。

今日1日で、私はいったいいくら負けたんだろう。お金をいくら溶かしたんだろう…。怖くてお財布の中身を直視できない。

とりあえず3万円以上負けたのは分かるけど…。

 

負ける日は、リアルにこんな感じです。もっとひどい時も、あります。

スポンサーリンク

 

父親も借金はないけどパチンコ依存症だった

思えば父親もパチンコ依存症だった気がします。

気がする、というのは、父親はとりあえず仕事は真面目にやっていたし、借金してまでパチンコをするという事もなかったから。

 

ただ、負けて帰ってきた夜はかなり荒れて、母親に当り散らしていた事もあったし、私が高校生の時はパチンコを打ちたいけど手持ちがないので、私に夜勤中の母へ電話をするように強要し、お金(母のへそくり)をしまっている場所を聞き出させたりした事もありました。

 

……借金しなかっただけで、父親もやっぱり依存症だったんでしょう…。そしてこんな嫌な思いをさせられていたのに、私も父親と同じような状況になっているという…。

 

むしろ父親のほうが、結婚した・家族を養えるだけの稼ぎがあったって面で、私よりずっと上等だったんだと思います。

 

パチンコ・スロットをしている間は何も考えないですむので楽

なんというか、私がパチンコにハマッたのはビギナーズラックです。よくある話で、3千円が4万円になったとか、そういう…。

 

で、あとは楽してお金が手に入るという気持ちよさに洗脳されて、サルのようにズルズルとパチンコ屋になけなしのお金を貢ぎ続ける奴隷のような生活に突入です。

 

でも時々思うんですが、なんで私はこんなにパチンコ・スロットにハマッたのか…たぶん私は何も考えたくなかったのかもしれないな、って。

なりたかった職業にも就けなかったし、容姿が悪くて結婚も恋愛もできないと思ったし、頑張っても光の見えない人生から現実逃避したかったんだろうな…って。

 

もちろん何の解決にもならないし、むしろ状況は悪くなる一方なのでね、最悪なんですけど。どうしてもダメ人間は楽な方へ流れてしまう。楽に見えるだけで、実は一番ハードモードなんですけど、依存の道って。

 

私の場合はあと半年で自分の好きな台が完全撤去になります。現在のパチンコ・スロットって演出が派手なだけで、正直何が起きているのか、何が面白いのか私にはさっぱり分かりません。

なので全然新しい台を打っていないので、自分が今ハマッている台が消えれば私はもうパチンコ屋に行かないだろうと思っています。…甘いかな…。その時にならないと分からないけど。