金について思う事

『金』よりも、私のほうが立場が上じゃない?上下関係を設定し直してみる

金は自分の人生の脇役である!

 

お金ってなんなのかなー………

 

先日ふと、そんな事を考えました。お金。お金。お金ってなに?

  • 生活のために必要なもの
  • 欲しい物やサービスを手に入れるために必要なもの
  • たくさん持っていると安心する、お守りのようなもの
  • たくさん持っていると、持っていない人と比べて優越感にひたれるもの
  • 争いの種
  • 手っ取り早く争いを解決できるもの
  • ないと惨め・不安な気持ちになるもの
  • 諸悪の根源
  • 幸福の源

 

俗物な私はこんな事しか思いつかなかったけど…。

 

金は、だたの紙。ただの金属。

ミもフタない事を言えば、お金はただの紙だし、硬貨もただの金属。

なのにどうして私はこんなにも、お金に振り回されて、一喜一憂させられてるんだろう。どうしてこんなに嫌な気持ちにさせられるんだろう。どうして幸せな気持ちにさせられるんだろう。

色々考えました。

 

で、結局『金に対して、自分が、必要以上のパワーを与えてしまっている』から、苦しくなったり幸せになったりするんじゃなかろうかと思ったのです。

 

極論、金なんてただの紙だし、ただの金属だし…。もちろんパワーがあるので、必要です。でも、それにしたってちょっとパワーを与えすぎなんじゃなかろうか?と。

 

そのせいで、話がややこしくなっているんじゃなかろーか?と。

 

金もパンツもコップもボールペンも、同等の存在

金って本当にチートな存在なので、目が見えなくなりがちです。拝金主義になっちゃう人がいるのもよく分かる。私もこんな記事書いてるけど、やっぱり金は欲しいです。マネーイズパワー。

 

ただ、金も状況次第では無力になる。

 

たとえば戦争中とか。お金を持っている人よりも、食料を持っている人の方が力があった。まあ、日本はもう戦争はしないとは思うけど(楽観的?)。

 

あと、ハイパーインフレになっても、金は無力ですよ。ジンバブエみたいなのは、日本では起きないとは思うけど、絶対に起きないとも言い切れない。

 

もちろん金があると、たいていの物品・サービスと交換できてしまうのでカン違いしてしまうんですが、金もそれ以外の物も、正直価値としては同じなんじゃないかなーと思ったんですね。

 

だって、金があっても、パンツがなかったら困りません?

金があるならパンツ買えば良い、って話はここでは無しね。ただの『物』としてだけの、比較の話です。

 

金があっても、コップ(飲み物を飲むための器)がなかったら、困りません?金があっても、布団(寝具)がなかったら困りません?金があってもメモ取りたいときにボールペンないと、困りません?スマホで記録するとか言われそうだけど…笑

 

金だけ(だけ!)あったとして、何ができるかと言うと、

  • 燃やして暗闇を照らす(でも紙だけだとすぐに燃え尽きるから、ローソクよりも性質が劣る)
  • トイレの紙がない時に使う(でも流すと詰まるから、流せない。トイレットペーパーよりも性質が劣るトイレの紙)

 

あんまり良い例えが出せなかったけど…正直、金だけ(だけ!)あってもなあ…って感じですよ。

必要な時に必要なものがあれば良い訳で、そういう意味では金もパンツもコップもボールペンも、なんでもかんでも、すべて同等の価値しか持っていないんじゃないかなーと思ったんですよね。

 

必要なものと交換できてしまうから、金はチートな存在になっちゃってるんだけども。

物々交換の世界だとしたら、金のチート能力も消えるから、そういうレートで考えるとしっくりくるかも。

 

金は私の人生を豊かにするための、メイドみたいなもの

色々ぐだぐだ考えたんですけど、結論から言って、

 

自分>>>>>>>>>>>>金

 

くらいの力関係でいたほうが、もしかしたら人生って楽なんじゃないかと思いました。いや、ずっと『お金大好き』『お金は素晴らしいもの』『ありがとう、お金』とか思ってたんだけど、なんかあんまりお金の流れも良くならないし。なんならしんどいし笑。

 

たぶん、無理して金を褒めていたんですよ、私。

 

なのでしばらく金に対してフラット(?)に対応してみようかと。だから金に『お』をつけるのもやめてみた。『おコップ』とか『おボールペン』とか、言わないじゃん?お布団とか、おパンツとかはたまに言うけど…笑。でもやっぱクセで『お金』って言ったり書いたりしちゃうけどね。

 

あくまで私の方が立場が上で、金は私の生活を豊かにするための脇役みたいなイメージですね。

 

しばし、金には『有能な可愛いメイドさん』になってもらおうと思ってます。好みによってはイケメン執事でも良いかもね~。

 

……てなわけで、無駄な金の賞賛はやめて、私のために働いてね!って気持ちで生活してみようと思います。だって私が死んだら、私の世界のお金も存在できないわけだし。やっぱり自分という存在を金よりも上に設定する事は大事だと思ったんです。

 

もちろん金に対しての感謝はしますよ。でもそれは、衣食住を満たしてくれるほかの物品と同じレベルの感謝をするって事で、それ以上の事はしません。

 

あくまでも平等に。特別扱いせずに、金と生活してみようと思います。