生活・健康

不安な時は自分の存在価値を、自分を抱きしめることで自分に伝えてみよう

愛情不足で不安定な我が心に愛情のハグを

 

先日、知人のカウンセラーから聞いた話なんですが…

 

以前、35歳を超えた子供の暴力に悩む親がいたそうです。で、本人・両親それぞれをカウンセリングしたところ、【幼少期の愛情不足】が暴力の原因と判明しました。

なんというか、子供の甘えを許さない、厳しい両親だったようです。

 

で、子供が大人になってからグレちゃったという………。

 

とにかく愛情をしっかり伝えよう

そこで両親にカウンセラーの知人から、こんな指示を出しました。それが、

 

『毎朝、毎夜、お子さん(35歳)を抱きしめて、「愛しているよ」と伝えてください』

 

というもの。

 

両親は最初、『今更そんなこと、恥ずかしくて出来ない』と拒否したそうなんですが、『そんな事言っている場合ではありません。お子さんが小さい頃にやるべき愛情表現をやらなかったんだから、せめて今からやって下さい』との指示に、最終的には従ってくれたそうです。

 

果たして最初はギクシャクしていた親子関係が、数ヵ月後には劇的に改善して、お子さんの暴力もおさまったとの事。

 

建築と同じで、心も基礎工事・土台作りが大切

この話に出てくるお子さんは、幼少期に自分の土台となる部分を親からの愛情で満たされなかったから、心が不安定のまま大人になっちゃったんですよね。

 

で、心の土台が不安定だから、その後学校やら会社やらで何かしらの経験をしても、きれいに乗っかっていかないんですよね、不安定だから。

 

親からはっきりした言葉で愛情を伝えてもらっていないから、子供の心は不安で

『自分は必要な人間なのか?存在していて良いのか?』

とグラグラする。

 

で、ある日グラグラのジェンガが崩れるように、心が崩れてしまう。私が話に聞いた親子の場合は、【35歳になった子供の暴力】が付いてきた。

暴力でなくても、引きこもりとか、自殺未遂とか、色々ありそう。

 

そんでもって、こういう不安定な心を持っている人、程度の差こそあれ、たくさんいそう。

 

自分の心の土台は大丈夫か?

私がこの親子の話を聞いた時に思ったのが、『これ、自分ひとりでも出来そうだな…』というもの。

私もぶっちゃけ心の土台が不安定だという自信がありますので(嫌な自信だな)。

 

あ、でも別に私は、今更親に抱きしめてほしくはありません。でもハグは欲しい。じゃあ、自分でも良いじゃん。自分のココロのすき間は自分で埋めちまえ、と。

 

今、自分が欲しい愛情は、自分で自分にあげてしまえば良いじゃん、と。

 

……話がそれるんですけど……

カウンセリングの親子の話なんだけど、35歳になった子供さん、両親の事が好きだったんでしょうね。だってハグしてもらって暴力行動が収まったんですもんね。

 

私、自分の心の土台は不安定だと思うし、たっぷり親から愛されたって自覚もないですけど、だからって今は別に、親からのハグなんて欲しくないです。

 

なんなら気持ち悪いな、くらいに思っちゃう。そう思っちゃう私の『親からの愛情レベル』ってどれくらいなんだろう。

全然足りてないけど、親の愛情はもうノーセンキュー?それとも実はもう充分もらってた?……まったく分かりません。

 

時々無性に不安になるので、そういう時に自分をハグしてみます

最近は『ありがとう・愛してる攻撃』(攻撃なのか・笑)で、気持ちは安定しているんですが、人間だし、何十年とネガティブ期間が長かったので、やっぱりふと不安になるんですよ。

あわせて読みたい
ありがとう、愛してる、人生を好転させる言葉
【愛してる・ありがとう】言い続けた私の、現在の心境は『いい気分』です 一時期『自殺したい』しか頭になかった私ですが、現在とても元気に生きています。 絶望していたのは去年(201...

 

人間は、生きているだけで価値ある存在!って、頭では分かっているつもりでも、思考の声が

『えー?うそー?私に存在価値なんてあるの?やっぱ私なんて、ダメじゃない?』

と悪魔のようにささやいてくる(殴りたい;)。

 

まあ不安になる原因も色々あって、単純にやるべき事をやっていない事からくる不安とかもあります。そういう時は、やる事をやれば良いんですけど、意味もなく不安になる時もあります。

 

意味もなく不安になって、ソワソワする時に、自分を抱きしめて(イメージだけでも可)『ありがとう・愛してる、大丈夫』って何度も伝えてみます。

 

ザワザワした心が落ち着いてきます。

 

自分で自分に優しくしているわけだから、効果がないわけがない。ハグしたついでに眠ってしまえば完璧なんじゃなかろーか。

 

ちょっとずつ、自己肯定感を上げていきたいと思います。