引き寄せの法則

引き寄せの法則って名前のせいで、願いが叶わない引き寄せ難民が大量発生したんじゃないかと

引き寄せの法則=波動の法則

 

『引き寄せの法則』って、どうして『引き寄せ』って言葉を使うんですかね?引き寄せの法則について、色んな本を読んだり、動画を見たり、ブログを読んだり……

 

いつしかだんだん、『引き寄せの法則』って言葉に違和感を覚えるようになりました。

 

私は『引き寄せの法則って、引き寄せって言うよりも、むしろ

【波動の法則】

じゃないかな??』と思っています。

 

物質を構成する素粒子は、いつも振動している

あんまり物理とか詳しくないのでアレなんですが…。。。。

人間も机もパソコンも、犬も猫も鳥も花も、分解していくと【素粒子】で構成されているんですよね。

目には見えないくらいの、極小の粒々が集まって、世界のすべての物を形作っている。

 

で、その素粒子は、いつもプルプル振動している。振動=波打ってる=波動を出している。

その波動の質と同じ質の現実が、自分の人生に現れてくる。

 

よくラジオに例えられているのを見かけますけど、【AMラジオの日本放送の番組を聴きたい時は、まずAMにして、1242の周波数に合わせる。】そうすると、日本放送が聴けます。

これを1000とか1240とかに周波数を合わせても、日本放送は聴けないんですよね。

 

これと同じで、人生も、求める現実の周波数に、自分を構成する素粒子の振動を合わせれば、希望する現実が見られる。

 

『引き寄せ』って単語は、外部からたぐり寄せるイメージ(自分不在)

私はずっと、引き寄せの法則について、【自分の外から欲しい物を引き寄せる】イメージでいました。

ぶっちゃけ、【自分の出している波動の質】なんて、考えた事もありませんでした。

 

でも、自分の波動が何よりも重要なわけですよね。望む現実を引き寄せる起点になるわけだから。………って、『引き寄せる』って書いちゃった;

 

ちなみに英語だと『Low of attraction』って書くそうです。attractionは、魅力・魅惑・魅了などの意味があります。

『魅力的な法則』…ってことですかね?それが日本語では『引き寄せの法則』に…。

 

和訳する時に、『引き寄せ』ってしたほうがキャッチーで言いやすかった&最初に訳した人が波動が大事って知らなかった…んじゃないか?と推測してみたり。

 

でも『引き寄せの法則』って言われると、とにかく願えば叶うんでしょ?みたいなノリになりませんかね?少なくとも私はなりました。

私の現状はクソだけど、外からステキな現実を連れて来てくれるんでしょ?みたいな。

 

必死の形相で『~が欲しい』『~になりたい』等々、本当に本当に、必死の形相で願っていました。なんなら悲壮感もただよって。

 

そんなんじゃ叶う願いも叶わないよ、って、今なら分かります(苦笑

 

『類は友を呼ぶ』昔の人ってすごい

『類は友を呼ぶ』…日本には、見事に引き寄せの法則を表したことわざがあります。

引き寄せの法則は、これらのことわざと同じ事を言っているんだよ~って最初に言ってくれれば、引き寄せ難民になる日本人の数も減ったんじゃないですかね。わかんないけど。

スポンサーリンク

 

………つーか、昔の人ってすごいなと思うのは、無意識のうちに物事の本質を理解していたんだろうなって事。たぶん説明とかは出来なくても、似た波動の人や物事が集まるってことは知っていたんでしょうね。

 

食べ物の保存方法とかも、科学的な根拠は知らなくても受け継がれてるやり方とか、ありますでしょ?で、科学的に調べると、これ以上ないくらい理にかなったやり方だったりして。ああいうの、本当にすごいと思うんですよ。

 

理屈は説明できなくても、本質をついた叱り方

さらに話はずれるけど、以前見た『ホンマでっかTV』で脳科学者の澤口先生が言ってました。

 

昔によくあった、【悪さした子供を押入れに閉じ込める】叱り方、あれは脳科学的には理にかなっているそうです。なんか、暗くて狭い場所に閉じ込めると、子供がおとなしくなるとか…。

 

ちょっと細かい部分はうろ覚えですけど。あと若い世代で『押入れ』ってナニ?みたいな詞疑問も出たりするんだろうか;

押入れは、あれだ、ドラえもんがいつも寝床にしている場所だよ!

 

すべては振動して波動を出しているから、『波動の法則』

ともかくですね、『波動の法則』(もしくは『共鳴の法則』)って表現にすれば、スピ系のニュアンスも薄まるし、物理の匂いも出てきて良いんじゃないかな、と。万人ウケしそうだな、と思ったんですよ。

 

本質も突いているから、間違った引き寄せの仕方をして引き寄せ難民になる人も減るんじゃないかな、と。

 

少なくとも自分の出す波動が大事、ってのは伝わると思うんですよね…。

 

そしたら、必死な波動を出して何かを願っても、必死な波動の何かしか来ないな、とか。多少なり分かりやすい感じになりませんかね?

 

昔の日本の引き寄せ本って、ポジティブばっかりだった

というか、まずスタート地点からして日本の引き寄せ本って間違っている気がします…。今は、

 

  • すぐに願いが叶わないのは『タイムラグ』のせい

 

…って教えてくれる本やブログも増えたけど、20年くらい前(ここらへんが、日本の引き寄せの始まりだと思う。でもぜんぜん違ったらスミマセン;)は、

 

とにかくポジティブ!

嫌な事があってもポジティブ!!

ひたすらポジティブ!!!

ぽじてぃぶポジU\@ィブポジ手cvっ棒以遠ぽ~~~~~!!!!

 

 

みたいな、バカの一つ覚えで『つねにポジティブでいろ!』でしたよ。少なくとも私の読んだ本はそんな感じ。

落ち込んだり、怒ったりしても、実はぜんぜん問題ない!!!って事を知ったのはいつだったか…。まあ感情的になりすぎるのはダメだと思うけど…(ここらへんのサジ加減が、私はよく分からない…)。

 

で、無理してポジティブおばけになった子羊たちが、一向に叶わない願いや好転しない現状に絶望し、もっと良いメソッドを求めて引き寄せ難民になるという。

 

今は本当に、質の良い引き寄せ本やブログがたくさんあって…。ありがたや。

 

 

引き寄せの法則、はもう完全にこの名前で定着しちゃってるけど、大事なのは自分の波動だよ、ってね。

でも『波動の法則』でデビューしてたら、この法則は生き残れていない気もするし、これはこれで良かったのかもしれません。迷える子羊はいっぱい生まれてしまったけど…。

 

私も含めて、これからどんどん幸せになれば良いですよね。