無職ライフ

【ニートの才能】仕事してても無職でも、結局不満だらけであった話

 

以前読んだ本・佐倉色さんの『とある新人漫画家に、ホントに起こったコワイ話』

諸事情あって冒頭でニートになった作者が、ヒマに耐え切れずマンガを描き始めて云々~って話です。

 

その中に

『暇は静かに人を殺していく』というフレーズがあるんです。(その『ヒマ』が、佐倉さんが道具をそろえてマンガを描くきっかけになりました。)

 

今なら本当によく分かる。

暇って殺します、人を。私が今死にそうなのも、暇で暇でヒマすぎるからなんでしょう。

 

結局凡人は週1~週5で勤め人をするのが幸せ

無職になった時は、とにかく開放感にひたって楽しくて仕方なかったけど、人は状況に慣れます。

環境に慣れきった後は、腐るだけです。

私は腐りました。こんなマンガを描くくらいに腐っております。

勤め人だった時は、会社行くのが嫌で嫌で、嫌でした。でも今は『仕事したいなー…』って思いますから。

今『会社辞めたいナー』って人は、辞めてもいいけど、無職の開放感は数ヶ月で飽きるよって事も念頭に置いておくのが良いかと思います。

 

〇〇がしたい!って理由で会社辞める人もいるけど、個人的には結果がある程度出てから辞めたほうが、精神衛生上よろしいかと。

そうでなければ週1~週5で働く。社会保障とか、フルタイム以外だと付かない事が多いし、色々日本って雑音も多いからアレですけど…。

 

とりあえず週1以上で働いていると、金額の多少はあれ、定期収入がありますからね。この【定期収入】が、どれだけ心に安定感をもたらすか(笑。

 

今、会社が嫌で嫌でたまらない!なら時短勤務を申請してみては?

これ、まだ会社にいた時に頻繁に考えていました。

事務員の数が増えてしまって、かなりヒマだったので、『週3くらいで雇用形態変えてもらえないかな?』って。

結局申請しなかった理由は

  • 以前それを申請して却下された事務員さんがいた
  • 時短勤務だと、当然収入が減るし、社保もきかなくなる(のが、怖かった
  • 時短しても結局辞めたくて絶望するのかなーと思っていた

 

などなど。おもに最初の2つですかね。

でも言ってみないと始まらないし、やってみたら案外居心地が良くなって今も勤めてたかもしれない。

やれる事を試してから、本気で退職なり転職なりを考えるのがベストだと、今なら思います。

 

『週5で働くべし』『金を稼いでない奴はクズ』の固定観念がひどい

無職ハイが終了した後、メンタルの乱れがひどくて、ちょっと冷静に考えてみたんです。『なんでこんなに罪悪感にかられるんだ?!』って。

 

でまあ、

  • 『大人は週5(以上)で働くべし』
  • 『健康なのに金を稼がない奴はクズ』

 

みたいな固定観念がありました。

いやー………なんだろ、コレ…。日本の教育のタマモノ?知らんけど。とにかく働かなきゃいけない!って心の声がものすごく大きくてですね。

 

私は時々ウツっぽくなるけど、基本的には健康ですし、ほんの少しですが貯金もあります。現状絶対に生活保護は受けられない。

となると、お金を稼がないといけない。将来が不安だから、稼げるだけ稼いでおかないといけない。日本は貧困層に冷たい国だから、なおさら。

 

だからツベコベ言わずに働け。

 

……あまりちゃんと向き合って来なかった己の奥底の感情を知ることになりました。

無職でも働いていても結局不満なら、お金もらえる分働いてるほうがマシなので、お仕事探します…。

 

状況やらなんやらで、週5の仕事は無理かもしれないけど、とりあえずお仕事探します…。

 

まとめ

  • ニートするにも才能がいる
  • ニートしてる人は、気楽そうに見えても心の中はかなりキツイ
  • ヒマは人を殺す
  • お金もらえる分、無職よりも働いてるほうが楽な面もある

 

このブログ、どんな人が見てくださっているのか分からないけど、

 

【自分には転職できるだけの才能がある!】

 

ってプライドを持っている人意外は、とりあえず安易に退職しないほうが良いですよ…。ニート、キツイですよほんと、生き地獄だよ。