無職ライフ

未経験で事務職に応募する際の【履歴書の志望動機と自己アピールの書き方】

事務員未経験者の履歴書の書き方

 

私がガチの事務員として働いたのは、36歳の時です。

それまでは【漫画家アシスタント】【コールセンターの派遣社員】【温浴施設のトレーナー】等々…

 

まあ、我ながらグチャグチャな経歴です。そんな私でしたが、なんとか

  • 35歳オーバー
  • 事務職未経験
  • 高卒

 

…等々ハンディキャップ(…)を乗り越え、結果として倍率約20倍の事務職に就くことができました。

まあ、数年後いろいろあって懲戒解雇をくらってしまったのですが………。

 

懲戒解雇後の就職活動はまだ成果を出せていないんですが、その前に

 

『未経験の事務職希望のアラサー・アラフォーの悩める求職者さん、一定数いるのでは?』と思い、今回の記事を書いてみました。

 

応募の際にきっと役に立つ、ハローワークの方からいただいたアドバイス・ウケの良い自己PRの書き方などをお伝えします!

 

※いわゆる中小企業の事務員の求人に応募する人を対象に書いています。大企業の事務員になりたい方は、普通に転職エージェントに登録しましょう。

 

【2019年2月19日追記】やっぱり履歴書・職務経歴書のの書き方って流行りがあるようです。この記事は参考程度に、ちゃんとプロの指示をあおいでください。

あわせて読みたい
生きるために、働いて稼ぐ。
履歴書・職務経歴書の書き方【40歳で懲戒解雇】ハローワークに行ってきた 働かないとお金の事が心配になったので、求職活動中です。 私は直近の会社で凶悪なミスをかまして懲戒解雇になりました。...

 

ハローワークの事務職系の職業訓練は受けるべし!

タイミング次第ですが、オフィスアプリケーション系の職業訓練は受けたほうが良いです。

当時の私は、ワードもエクセルもほとんど使えませんでした。

一応文字入力はできましたが、それだけ。エクセル関数も、罫線も、セルの概念も、『なにそれ、美味しいの?』状態でした。

 

正直不安しかなかったため、事務職を希望するにあたりハローワークの職員さんに、その旨を相談したんです。

その際に紹介されたのが、【オフィスアプリケーション実践科】という、ワード・エクセルの授業プラス履歴書・職務経歴書の書き方などをプロの目から指導してくれる、という内容の職業訓練でした。

 

この職業訓練ではマイクロソフトの資格【Microsoft Office Specialist】のワード・エクセル版をとる事ができます。

 

技能レベルとしては『とりあえず、ごくごく基本的な事はできますよー』って事を示すくらいにしか役に立ちませんが、事務職未経験・スキルに不安があるって方にとっては多少の箔にはなります。

(採用する側としても、多少なり指針があったほうが選びやすいですしね。)

 

職業訓練を受講中は、失業給付の延長もありますし、エクセル等の扱いに不安がある方はぜひ!受けてみてください。

 

定員があるので、面接がある事もあります。そこらへんも不安であれば、ハローワークの職員さんに相談してみてください。

面接に受かりやすい受け答え等、結構いろいろ教えてくれます。

 

※正直ハローワークの職員さんて、求職者に対して威圧的な怖いイメージしか持ってなかったんですが、全体的にそんな事もありませんでした。

私がお世話になっていた時期は、優しくて親身になってくれる職員さんばかりでした。

 

志望動機の書き方

正直志望動機なんて、入社するためだけのものです。そこそこ嘘八百を書いておけば良いと思います(おいおい)。

かつ、これまでの自分の職歴の中から、ほんの少しでも【事務職的な香りのする業務】にたくさんの衣を付けて、さも立派なてんぷらに見せるようにします(言い方ー!)。

 

※できない事をできるって書くとかのウソはいけませんよ。例えば私は以前の派遣先で、とある検査結果の数値データをエクセルの書式に入力するだけの業務をしていました。

 

でもこれも見方を変えれば、ある意味事務職なので!ええ、事務職の範疇に入りますので!

 

要はハッタリです。自分の心が痛まない程度に盛って、面接に望んでください。

あとですね、そもそも事務職って言っても、各企業で使ってるソフトが全然違うんですよ。

 

だから基本的なエクセル操作ができて、文字入力ができるなら、それ以外の事は入社した後に覚えればOKくらいの気持ちでいた方が良いんですよ、実は。

※心配なら、そこらへんも面接の際に質問しちゃう。質問する事によって積極性もアピールできます!

 

適当に耳あたりの良い積極性をアピールしましょう

結局面接なんて運とタイミングなので、気楽にのぞむと好結果になる事が多いです(体感として)。

 

ちなみに私が職業訓練校の先生・ハローワークの職員さんたちに添削とアドバイスを受けて作成した【志望動機】は以下のようなもの(ちょっとフェイク含)。

事務職は社内での「縁の下の力持ち」的存在だと思っています。コツコツと社内業務に貢献し、周囲の人が気持ちよく働けるように努めたいと思います。

 

こんな感じでスタートし、先にお伝えしたようにこれまでのパート・アルバイト、派遣等で経験した、【見方によれば立派な事務職】業務を盛って書きました。

 

あ、あとその企業のサイトがあれば、拝見しておきましょう。

ケースバイケースですが、これも積極性をアピールできる材料になったりもします。私の場合ですが、サイトを見ました!と伝えると、『見てくれましたか~』って感じで喜ぶ面接官が多かったです。

 

あとは、

『縁の下の力持ちに、私はなります!!!!』

『周りの人と、仲良く出来ます・私、協調性あります!』

 

って意気込みをアピールできれば良いかと思います。※そこらへんはご自身でサジ加減を調整してください。

 

自己PR・本人希望欄に書くべきこと

盛り過ぎない程度に、ポジティブな事を書きましょう。

 

自己PR

ちなみに私が書いた、当時の自己PRは…(ちょっとフェイク込みですが)

くよくよしても、始まらない。ポジティブ思考で明るく、笑顔で頑張ろう

 

でした。……今見ると、我ながらウサンくさいと思います…(笑)。

でも当時は本気で書いていました。まあ他の応募者も軒並み同じようなポジティブな事を書いてくるはずです。

 

面接の間だけでも、書いた事がリアルに見えるように努めれば良いと思います。ただし、ここら辺も本当の自分とあまり離れすぎない程度のポジティブにしておくのが吉です。

 

本人希望欄

これまでの職歴に統一感がない人は、『迷走してました』として、それを自己申告してしまうと良いです。

 

私は漫画家になれずに迷走していた期間が大変長かったです。なんなら今も絶賛迷走中です(笑えない…!!!

とりあえず自分のデメリットは積極的に開示してしまうと、相手からの信用を得やすいですし、自分も後々ラクです。

特に私はウソがつけない性格のため、早めにカミングアウトするようにしています。

 

で、その迷走の中で、『事務職に目覚めました』とかね、書いて、上手い事自己アピールすれば良いのですよ。

ちなみに、ちょっとフェイクありですが、私の場合…

先日まで勤務していた派遣先の業務で、自分はあまり人前に出て個性を主張しない、地味ながら堅実な仕事をするのが向いていると感じました。すでに3×歳という年齢になりましたが、その分若い方に負けない働きをしたいと思っております

などなど。。物は言いようです。

 

まあ、上記も私がハローワークの職員さんから受けたアドバイスを元に書いたものです。

 

ご時勢によって、履歴書の書き方も流行(?)があるかも知れませんし、ハローワークの職員さんのアドバイスを受けるのが最善だと思います。

実際、当時はほぼ100%職務経歴書がひつようでしたが、最近はなくてもOKな企業がほとんどのようです。

 

最終的に物をいうのは、運とタイミングと相性です

身もふたもない言い方ですが、本当これ。

結局は就職活動なんて、運とタイミング、その会社(面接官)との相性次第です。

 

なので、仮にたくさんの会社の面接に落ちたとしても

【決して自分が悪いんだ・自分には価値がないんだ】などと思わないで下さい。

 

誰も悪くありません。たまたまマッチングしなかった。それだけです。そこに自ら負の価値観を付けないで下さい。

 

不採用の連絡を入れる側も、実はしんどいんですよ。私は履歴書の返送処理していて、いつも『この人が落ち込んだり、間違った自己否定をしませんように…』って思っていました。

 

私が年齢を気にしていた時の、職員さんの言葉

私は35歳オーバーで、当時倍率20倍の面接に受かり、事務員デビューしました。

正直受かると思ってなかったので、安心した勢いでペラペラとハローワークの職員さんに『受かると思ってなかった』『年齢ではじかれると思っていた』って言ったんですよ。

 

そうしたら、

『年齢ですべてが決まるなら、若い人はみんな仕事が決まっている。でも実際にはそうじゃない。

もちろんスキル等の個人的な背景もからんではきますが…。

最終的には、実は年齢って関係ないんです。その人の性格とか、雰囲気とかが重要になってくるんですよね。』

 

的な事を言われました。まあ若ければ若いほど良い!って考える会社もありますけどね。

 

なので、あまり細かい事を考えず、数打ちゃ当たる作戦で気楽に進めればベストかと。そして、あまりに落ちるようであれば、ハローワークの職員さんに相談してください。

先方はプロだし、1人でも多くの求職者を受からせたいと思ってますから。絶対に的確な第三者目線のアドバイスをくれます。

 

しかも無料なのでね。積極的に頼ると結果も早く出るはずです。

 

【2019年2月19日追記】くどいですが…。履歴書・職務経歴書の書き方は流行りがありますので、この記事は参考程度に、ちゃんとプロの指示を受けてくださいね!

あわせて読みたい
生きるために、働いて稼ぐ。
履歴書・職務経歴書の書き方【40歳で懲戒解雇】ハローワークに行ってきた 働かないとお金の事が心配になったので、求職活動中です。 私は直近の会社で凶悪なミスをかまして懲戒解雇になりました。...