雑談・つぶやき

『自信がない』『他人の目が気になる』どうしたら自分を好きになれるのかな…。

『自信がない』を言い訳にする人は一生成功しない

 

昔から、自分に自信がありませんでした。

一時期ボーナスタイム的に、楽しかった時期もあったんですが、メガネをかけた瞬間それも終りました。

あわせて読みたい
整形して美人になるなら良いじゃん。
美容整形して綺麗になれる人はまだ恵まれてる?来世は美人に生まれたい。 ヤフーを見ていたら、こんなページにたどりつきました。 「美容整形トークショー vol.1」レポート。 美容整...

 

なかなか自分の事を好きになれない、他人の目が気になりすぎる…。

 

いつも自分につきまとう『自己肯定感の低さ』に悩んでいる私ですが、時々こんな風に考えて気持ちの安定をはかっています。

自分を責めてもいいし、死にたいって思ってもいい。

『自分に自信がない』

『自分の事が嫌い・好きじゃない』

『他人にどう思われるのか、気になる』

 

私は外国の事は知りませんが、日本人ってこういう自己肯定感が低い人が多い気がします。

なんでそうなっちゃったかは、理由も人それぞれだし、色んな要因がからまっているだろうから、ここでは置いておいて。

 

で、なんか自己肯定感が低いと『治さなきゃ』とか『こんな自分はダメだ』とか、自分を責めちゃったりしません?

 

私はすごい責めました。悩んだし、今も悩むし、なんなら『人生をリセットしたい…』とも思います。

いわゆる自殺願望ですね。

 

でも私が自殺しないのは、

『失敗して後遺症が残るのが怖い』

『死にともなう痛みや恐怖を感じたくない』

から。

 

別に前向きな理由があって自殺を遠ざけているわけじゃないです。

 

眠るように死ねるなら、消えることができるなら、自分の痕跡をすべて消してしまえるなら、この瞬間にそうなっても良いんです、私は。

でも現実的に、それは難しいです。

 

 

なので、もうあきらめます。

『自分の事を嫌いでも、他人の目が気になっても、それはそれで別に良いや…』

って。

 

もう白旗をあげます。自己肯定感の低さに完敗します。勝てません。

もういいです。仕方ないです。戦いません。

 

自分の事を嫌いで、何か問題でも?

ちょっと投げやりな感じですけど、自分でどうにも出来ないから、あきらめます。

そもそも自分の事を嫌いで、何か問題があるのか?って、最終的にそんな気持ちにもなりますね。

 

自己肯定感の低い自分も、世界の多様性のうちのひとつ。

 

そんなふうにユルく考えることができれば、少しは楽になりませんかね。

 

時々自己啓発系の本を読んで、ハイになって、数日後なにも変わっていない自分に気付いてガッカリしても良い。

なんでも良い。

 

自分の事を嫌いな自分も許しちゃう。

自分の事を嫌いな自分と折り合いをつけて、テキトーにやってく。

あきらめて、許して、受け入れてしまいます。

 

嫌いでも良いんですよ、それもまた自分だから。

 

自分の世界が狭いまま終っても、良い。

そもそも『自分の世界』ってなんだよって感じです。

自己実現とか自分探しとか、私も若い頃から現在まで、時々思い出したようにあがく事があります。

 

でも結局、何もしなくても本気で変えたいなら、変わる人は変わるし、そうでない人は変わらないだけじゃないですかね。

 

『お前の世界は狭すぎる』って批判された事もあるけど、じゃあ批判した人が私の世界を広げるために必要なお金や経験の機会を提供してくれるのかって言うと、そんな事ないし。

 

変わっても変わらなくても、自分の世界は自分の視界の範囲にしかないし。

ちょっと卑屈すぎるかなーって気もしますけど、何も変わらないならそれはそれで良いじゃないですか、とも思うんですよ。

 

自分をあきらめた時、人生にスキマができるかもしれない

頑張れば頑張るほど、ドツボにはまる。

何か知らないけど、トントン拍子に事が進んだ。

 

頑張ってもダメな時はダメだし、うまく行く時は何もしなくてもうまく行きます。

ちなみに恐怖やら不安やらから出発した頑張りは、徒労に終わる事が多いです(経験談。

 

迷子になったら下手に動かないほうがいい。

人生の迷子も(迷子なのか?)、同じじゃないですかね…。

 

あきらめて、受け入れて、ボーっとした時に人生にスキマが出来て光がさす…かどうかは分かりませんが(え)

あがいて変わらない時、そもそも変えたくない時は、動かない事も結構大事だと思うのです。

 

周囲の声が『イケイケ』なのも問題

ここからは余談なんですが…。

 

今の世の中、周囲の雑音がうるさくないですか?

自己実現やら起業やらの華やかなものから始まり、田舎でスローライフとかも、言ってみれば雑音。

 

そういう事をして人生が良くなった人も現実的にいるし、その人達は幸せですよね。素晴らしいです。

でも、その『他人の幸せ』をものさしにして、自己肯定感をムダに下げてる人もいるよなーって。

私とかね…(笑。

 

結局他人と比べる事で自己肯定感が低くなるなら、もう他人の幸せなんて毒でしかないなって。

もういっそ、テレビもネットもスマホも捨ててしまえって。

情報の断捨離だ、って。

 

とは言え、やっぱりそれは現実的に難しい。

なので、せめて入ってくる情報を出来る範囲で厳選して、上手いことのらくら進むしかないんだろうなって。

 

まあだから、そんな状況の自分にもOKを出して生きていけたら、それで良いんじゃないかなって。

そう思うわけなのです。

 

私なりの結論なんですが…

【自分の事を嫌いでもいいし、他人の目が気になってもいい。】

【無理して自分の事を好きにならなくても、いい。】

 

ただ生きてるだけでも、良い。ムダに自分を責めるな。

今自分がこの世に存在してるって事は、少なくとも大きな意味での世界は自分を受け入れてくれてるって事。

 

最後、宗教っぽいかな…。宗教じゃないけどね。

それくらいユルい考えの方が、結局は楽でいられるよ、って。そう思います。