マンガ感想文

【感想・レビュー】『自分を好きになりたい。』自己肯定感を上げるためにやってみたこと

『自分を好きになりたい。』感想・レビュー

 

 

昨日(2018年11月27日)、わたなべぽんさんの

『自己肯定感を上げるためにやってみたこと~自分を好きになりたい。』

 

という、コミックエッセイを読みました。

自己肯定感の低さには、私もずっと悩んでいたので、書店で思わず手に取ってしまったんです。

そして一気に最後まで読みました。

 

スマホに夢中になっているフリをして、知人に挨拶するのを回避するエピソードは

「あー…わかるなあ…」

と、分かってしまう自分にほんのり悲しみを覚えたり…(苦笑)。

 

マンガなので、とても読みやすいです。

絵柄もシンプルで可愛らしく、自己肯定感の低さに悩む方に、胸を張っておすすめできる一冊です。

『自分を好きになりたい。』子供時代の親の影響って怖い…

作者のわたなべぽんさんは、母親の育て方に問題があったせいで『自己肯定感の低い人間』になってしまいました。

 

描かれているエピソードの数々は、今なら虐待で、児童相談所に連絡が行ってしまうレベルのもの。

 

母親の恐怖政治の影響で、自分でも気付かないまま、『自分なんて…』という、自己肯定感の低い大人に成長した、わたなべぽんさん。

 

親のかかわり方で、子供がまっすぐ育ったり、自分の意思とは無関係に、卑屈に育ってしまったり。

ぽんさんの母親が、実際にどういう考えでいたのかはわかりません。

 

でも、『ぽんさんという、子育ての結果』を見るにつけ、恐怖や暴力で押さえつけるのは、子供にとっては悪影響でしかない。

 

本当に怖いと思いました。

いや、大人になってからでも嫌ですけどね。恐怖や暴力なんて。ノーセンキューですけどね。

『自分を好きになりたい。』共感しすぎて心が痛い…

『実は…自分が嫌いなんです』の『あるある』が、たくさん紹介されています。

自己肯定感の低い人なら、かなりの数に共感するかと思います。

 

私が「わかる…」と、唸ったのが、

  • 『飲食店で店員さんが忙しそうだと、オーダーをついガマン。でもそのうちイライラしてくる』
  • 『周囲の人が笑うと、一瞬自分の事を笑われているのかと、不安になる』
  • 『時々人間関係を、すべてリセットしてしまいたくなる』

 

などなど…。

私は20代の頃、これらが特に顕著で苦しんだんですね。

共感しつつ、そういうシーンで感じる怒りや不安、恐怖を思い出し、ムダに心が痛みました。

『自分を好きになりたい。』簡単にできる、自己肯定感アップの方法

『自分を好きになりたい。』の中では、ぽんさんが『子供の頃の自分がやりたかった事』を、大人になった今、実行していきます。

 

どれもささいな事なんですが、実行するたびに、ぽんさんの自己肯定感がアップしていきます。

誰にでも簡単にできる内容なので、自分に置き換えて実行しやすいです。

『自分を好きになりたい。』小さな自分を喜ばせるために

誰でも大なり小なり、子供時代のトラウマがあると思います。

 

マンガの中で、ぽんさんは『子供の頃の私』の『親』になったつもりで、自分に声をかけたり、行動したりしています。

 

私も真似して、子供時代の自分に声をかけたりしました。

 

実は小学校時代、私は特定の男子に、陰からいじめを受けていたんです。

 

正直今でもその男子を憎んでいるし、ぶっちゃけ「あいつ、めちゃくちゃ苦しんで死んでればいいのに…」とも思っています。

 

別に、常にそう思ってるわけじゃないですよ。ただ、折にふれて、そういう気持ちがある事を思い出すだけ……。

 

なので、心の中で、自分をいじめてきた男子をバズーカでぶっ飛ばしました。

 

そして、「もう大丈夫!悪い奴は私が退治したからね!」と言って、いじめられていた自分を抱きしめました。

 

……当時の自分がやってもらいたかった事をやったんですね。

 

守ってもらいたかった。

 

そうすると、なんだか胸にこみ上げてくるものもあり……泣いてしまったんですよ。

 

ぽんさんも、作中でよく泣かれているんですが、みんな泣くんですよね、きっと…。

そうして自分でも気付かなかった(見て見ぬフリをしてきた)心の澱(おり)が消えていくんじゃないかと、そう思ったのです…。

 

……ただね、やった瞬間、泣いた瞬間は澱が消えるような、浄化されるような気がするんだけど、その瞬間だけですね…。

 

根が深いからさ、そんな数回やったくらいで楽になるなら苦労しねーよ、とは思います。

本のテーマを根底から否定しかねない発言ですみません。

『自分を好きになりたい。』ゆっくり自分を癒していこう

あまり書きすぎてもネタバレになってしまうんですが、とにかく実践しやすい方法で自己肯定感を上げていけるので、気になる方は読んでみてください。

 

ぽんさんの周囲の、ジャズボーカルの先生・ぽんさんの旦那さんの言葉も、きっと目からうろこだと思います。

 

心が軽くなって、安心しますよ、きっと。

 

 

以上、『【感想・レビュー】『自分を好きになりたい。』自己肯定感を上げるためにやってみたこと』でした。