引き寄せの法則

引き寄せ難民~私の願いが叶わない理由は、本当は〇〇〇だから。

カラッポの箱のアイコン画像

 

 

こちら、私の好きな引き寄せ本

「宇宙に上手にお願いする法」です。

 

今まで読んだ数ある引き寄せ本の中で、一番シンプルで実践しやすい本だと思っています。

 

ただ、私も含めて

「どーやったって、願いが叶わない」

「引き寄せの法則なんてウソだ」

 

…こんな気持ちになったりした事はありませんか?

 

 

こんなに引き寄せの法則の本を読みまくってるのに、私の願いは叶わないのか。

この問題について考えてみます。

 

願いが叶うと信じていない

私が初めて『引き寄せの法則』を知ったのは、20歳くらいの時です。

それからだいぶ長い時間がすぎました。

私の願いはいっこうに叶いません。

 

『経済的に安心して暮らしたい』

『結婚したい』

 

願いを大別すると、こんな感じでしょうか。お金と愛。

 

でも本当、全然叶わない(笑。

 

どうして叶わないのか、ずっと不思議だったんですが、最近分かりました。

 

あのですね、

 

私ね、結局自分の事を信じていないんですよ。

もっと正確に言うなら、

 

【自分にそんな願いが叶う価値があると、思っていない。】

 

これです。

 

 

自分なんてたいした才能ないから、お金はそんなに稼げない、手に入らない。

自分なんてものすごいドブスだから、結婚できるなんて、思ってない。

 

負の自己暗示がめちゃくちゃある。呪いのレベルである。

これじゃあ、いくら頭で願っても叶わないですよ…。

 

本当は、願いを叶えたくない・叶わなくてもかまわない

あとは、これですかね。

叶えたい願いはあるものの、本心ではその願いは叶ってほしくないんですよ。

 

私の場合で言うと、若い頃『マンガ家になりたい!』ってずっと思ってました。

でも結局なれませんでした。

あわせて読みたい
ラスボス願望・本当の願望を見つけよう
引き寄せの法則は魔法じゃない。行動しない願望の裏にラスボスがいると思う件 『引き寄せの法則』は、自分の思考(気分の波)が具現化して現実に現れるってやつです。 かなり市民権を得ている法則だと...

 

本当は、私は怠けたいだけで、別に本気でマンガ家になりたいわけじゃなかった。

最初は本気でなりたかったと思うけど、成長するにつれて自分の才能のレベルが嫌でも分かってくる。

 

なのにずっとマンガ家になるんだ!って夢にしがみついていました。

それは、マンガを描いていれば、親が就職しろって言わなかったからです。

家でゴロゴロしてても、それほど怒られなかったから、甘えていられたからです。

 

 

我ながらクソだと思いますが…。

こんな感じで自分でも気付いている・気付いていないにかかわらず、表向きの願いと本心が食い違っていたりする。

これだとやっぱり、いつまでたっても願いは叶わないですよね。

 

願いが叶っていない自分が大好き・叶っちゃうと都合が悪い

個人的に、こういう人も多いんじゃないかなと思っています。

なんというか、願いが叶っていない自分を悲劇のヒロインに見立てているというか、かわいそうな自分に酔っているというか…。

 

ひと言でいうと、自己憐憫ですかね。

 

叶わない願いが【心の拠り所】になってしまっているんじゃないでしょうか。

もっと言うと、願いが叶っていないほうが、不本意な現実の言い訳ができるから楽、とか…。

 

 

『嫌われる勇気』っていう本に、赤面症が治ったら恋がしたい、って女の子が出てくるんですよ。

でも赤面症は治らない。

 

だって治っちゃうと、その後恋人が出来なかった時に【赤面症だから恋人ができないの】って言い訳が使えないから。

 

だから、その女の子の赤面症はいつまでたっても治らない、っていう…。そんな感じ。

 

もう、叶っても、叶わなくても、良いじゃん?

乱暴ですが、叶わないなら仕方ないですよ。

別の道なり、何かなりを模索しましょう。

模索したくなければ、その場にじっとしていましょう。

 

必要があれば、動けるようになりますよ、きっと。

 

 

例えばですが、今、私の目の前に包丁を握った変質者が現れたら、私は全力で逃げます。

変質者に殺されたくないから、逃げます。

この場合の願いは、【殺されたくない】【逃げたい】ですかね。

 

 

それと同じで(同じなのか?)、願いも叶う必要があればちゃんと叶うはず。

 

だからね、どっちでも良いんですよ。

 

大丈夫大丈夫。

笑っとこ!(笑。